カードローンの借入上限額を増額してもらうための条件

カードローンで借入上限額の増額を希望すると、改めて審査を受けることになります。その際の審査では、少なくとも以下に示す基準をクリアしていることが条件です。

カードローンの利用期間
増額を申し込むまでに、そのカードローンの利用期間が長いほど審査で有利になります。まだそのカードローンを利用し始めて2~3カ月しか経っていないのに増額を申し込むと、「金遣いが荒い」「信用できない」と判断されることもあります。増額が認められるのは、それまでの返済実績が問題ない人だけです。カードローンの利用期間が短くては返済実績も十分にありませんから、「増額してもちゃんと返済できる人」と認めることができないのです。ですので、増額を希望するなら、最低でもそのカードローンの利用が1年以上あることが必要でしょう。

きちんと返済してきた人だけ
カードローンの利用が長くても、もちろんそれまでの利用で遅延や延滞があると、増額を希望しても断られるでしょう。それまでの実績から信用度が下がったと判断されると、逆に減額もあり得ます。増額の希望が叶うのは、これまで期日を守って返済してきた人だけです。なお、増額を希望するカードローンの返済に問題なくても、他社のカードローンで金融事故を起こしていると、同様に増額を認められることはありません。