カードローンの審査で行われる職場への在籍確認

銀行でも消費者金融でもカードローンに申し込むと、その審査の過程で職場への在籍確認が行われます。在籍確認が不安という人は多いですが、実際は、仕事をしている人なら特に問題のない審査です。

派遣でもアルバイトでも大丈夫
通常、在籍確認は電話で行われ、申込者がその職場に在籍していることが確認できればそれでOKです。単に申込書の内容を確認するためのものですから、雇用形態は正社員はもちろん、派遣社員でもパート・アルバイトでも問題ありません。カードローンの申し込みだとわからないように電話してくれるので、職場に知られたくないという人でも大丈夫です。

書類の提出で在籍確認してくれるところもある
在籍確認をなしにすることは難しいですが、電話は都合が悪いという人のために、電話以外での在籍確認が可能なカードローン会社もあります。電話でなくても、その人が申込書に記載の会社に在籍していることが確認できればいいのです。社員証、給料明細、健康保険証などの書類の提出によって、在籍確認としてくれるカードローン会社があります。社員証は公的書類でなく、給料明細は退職した後にも発行されるため、場合によっては不可なこともありますが、保険証であれば公的書類であり、退職したと同時に返還しなければならないものなので、職場に在籍していることを示すのに最も確実な書類です。